マヌカハニー選び方!厳選販売店公開!

マヌカハニー選び方!厳選販売店公開!

 

マヌカハニーの起源

マヌカの花

日本でも注目を浴びているマヌカハニー。

 

ニュージーランドにだけ自生するフトモモ科の低木(和名:ギョリュウバイ)の花からとれるはちみつ。
その花は、か春から夏にかけてピンク色の花を咲かせます。

 

 

ポイント
マヌカの木は『ニュージーランドにだけ自生』し、花を咲かせる春から夏に取れる『季節限定』為、非常に貴重なはちみつです。

 

ニュージーランドの先住民族のモオリ族はマヌカの木を「復活の木」「癒しの木」と呼び、その木から取れる樹液や葉、花から取れるマヌカハニーは、病気やケガ等治療する薬として古くから利用されています。

 

 

病気やケガを治療する薬2

 

ニュージーランドでは古くから病気やケガを治療する薬として利用してマヌカハニーには、様々な効果的な成分が認められています。

 

日本の薬事の関係状、制御、殺菌成分についてはお話しできませんが、ただ経験上、蜂蜜を何年間放置していていもカビが生えたり、腐ったり、傷んでいなかった!ということはありませんか?

 

それは、蜂蜜自体に「過酸化水素」が含まている為で、マヌカハニーは、それに加え多量に「食品メチルグリオキサール」が含まれており、「過酸化水素」の2倍もの効果があるといも言われています。

 

またマヌカハニーは、ピロリ菌に効果的という事で話題にもなり、有名な話で注目がされたのも事実です。

 

マヌカハニーに含まれている「食品メチルグリオキサール」の存在には、マヌカハニーが重宝される理由でもあります。

 

食品メチルグリオキサール

またマヌカハニー自体に豊富な栄養素も多く含まれていて、栄養価も高く、また抗生物質を利用した場合と違い副作用のリスクが極めて低い為、人気が高まってい人気の蜂蜜です。

 

マヌカハニーの選び方 UMF10+以上

 

UMF10+

マヌカハニーの選び方で大事な事は、UMFの存在です。
※UMFとは、Unique Manuka Factor(ユニークマヌカファクター)の頭文字を取った略名称。
前記でも記載した通り「食品メチルグリオキサール」を含む、抗菌性を示す数値になります。
この数値が高ければ高いほど、ピロリ菌を含む多くの菌に対し効果が期待出来る事になります。

 

UMF10+以上のマヌカハニーは「医療グレード」とされていて医学の目的で使用される基準となっていて、「アクティブ・マヌカハニー」と言われています。

 

これを踏まえると、マヌカハニーを購入する目的は健康の事を考えている方がほとんどかと思いますので、期待の出来る数値の基準、UMF10+以上のマヌカハニーを選ぶと良いでしょう。
※UMFという単位を基準に記載しまたしたが、他にも単位がありMGO、NPA、TA、MGS有ります。

 

日本で多く広まっている単位がUMFとMGOの2つになります。
この2つの単位さえ押さえておけば、日本では大体カバーできますので、簡易的な相対表を記載しておきます。

 

  • UMF10=MGO200
  • UMF15=MGO500
  • UMF20=MGO800

変換表;https://export-x.com/manuka-honey-umf-to-mgo-calculator/ 参照

 

数値が高ければ高いほど効果も期待も高まりますが、それに伴い価格が跳ね上がります。

 

 

マヌカハニー販売店の選び方

 

マヌカハニー販売店の選び方2

次の数字でも解りますが、マヌカハニーはニュージーランドで年間1700トン生産されていますが、世界中で10000トン販売されているようです。

 

これは、社会問題として大きく取り上げられた事ですが、偽物が多く出回っていたという事で、残念な事です。

 

 

では、本当のマヌカハニー入手するにはどうしたらよいか?

 

素人は、本物かどうか見極める事は、苦労する作業です。

 

ですが、一つ言えることは、出所のわからない(何処にあったかわからない)判明、出来ないようなショップで購入するのは危険が伴うという事。

 

私の場合は次の事を注意しています。

 

  • ショップ自体の信頼性
  • 製品に「証明書」付き

 

 

マヌカハニー販売店 厳選2選

 

以上の事踏まえ結果的に、私がお付き合いをしている販売店は、次の2社になります。

 

また、UMFの数値@UMF10+「医療グレード」とAUMF27+〜「高活性強度」と使い分けて利用しています。

 

mariri New Zealand マリリニュージーランド 株式会社

http://www.mariri-nz.co.jp/fs/manukahoney/c/manuka_trial

 

マヌカハニー MGO400 +(MGS12+)

@UMF10+「医療グレード」のマヌカハニー

 

マヌカハニー MGO400 +(MGS12+ ※UMF12+)が代表的なマヌカハニー。
≪医療グレードを安く試してみたいとう人に最適≫

 

※他にもMGO200+(MGS8+)やMGO600+(MGS16+)等ありますが、MGO200+(MGS8+)では、「医療グレード」では無く、MGO600+(MGS16+)以上であれば、次のショップ(株式会社 TCN)の方が高活性強度の扱いが多く利用しやすいのでそちらを利用します。

 

 

 

mariri New Zealand マリリニュージーランド 株式会社マヌカハニーは、蜂箱から蜂蜜まで、そして保管する工場の温度管理を含む品質管理は自社の工場で行われ、トレーサビリティーも整っています。
これだけ厳しい管理は、同時に医療用のマヌカハニーを取扱っている為、ニュージーランド政府、食品安全機関の基準が定められています。

 

また、製品には、活性度数値が他の標準に比べ高くなるように設定され、MGO数値との相関性が他社に比べ厳しく、消費者に有利になるように設定され、MGS数値とMGO数値、両方の数値の記載があり活性値の値が判りやすいようになっています。

 

当然、ニュージランド正式標準の「MGS認定証」と「試験分析書」が付いている、信頼の出来るマヌカハニー販売店です。

 

↓ 詳細はこちら ↓

マリリ

※UMF値は換算値

 

 

株式会社 TCN

http://www.tcn.co.jp/pps/manuka/index.htm

 

TCNマヌカハニー

AUMF27+〜「高活性強度」

 

UMF27+ UMF31+ UMF33+ UMF39+ と種類が豊富にあります。
≪高活性強度に期待をしたいという人に最適≫

 

難点は、活性強度が高くなる分価格も高くなり最低でも数万円からになり、また希少価値も高い事から売り切れの場合がが多いのが残念です。

 

 

 

日本人の職人によって採取され、【活性強度】を極限まで追求された産地直送製品。
トレイサビリティー(追跡可能性)が確立されています。

 

また、製品は全て天然メチルグリオキサール(MGO)含有量試験分析によって等級ランクを決定しMGOR含有量試験分析書・和訳翻訳書を同梱の上、確実な製品が提供されています。

 

また他の製品にはない驚異の活性力UMF27+ UMF31+ UMF33+ UMF39+は最高ランクが特徴。

 

高活性度、そして信頼のできる会社は、ここの他ないのでは?

 

↓ 詳細はこちら ↓

TCN b

※UMF値は換算値

 

 

以上、マヌカハニーの選び方と厳選販売店2つ 参考になれば幸いです。


トップページ マリリニュージーランド TCN マヌカハニーのグレード マヌカハニー食べ方